森あちょびクラブ

森あちょびクラブ
幼児(保護者同伴) 目線が低い幼児は、大人が気付かない宝物を探し出したり森の様々な気配を楽しむ天才!幼児の大発見に寄り添いながら、保護者は森に抱かれてちょっとひとやすみ。 パパもママも、ボクもワタシも、みんなで一緒に森探検にでかけましょう♪
森あちょびクラブ受付開始・・・と同時にバケツをひっくり返すような雨。 大人は内心 『どうしよう~・・・』と、頭を悩ませていましたが・・・ 子ども達は、全員なんだかとっても嬉しそう。 それもそのはず! 雨の日にしか着れないカッパに長靴。 これだけで嬉しくなっちゃうもんね! ・・・というわけで、みんなで少しだけ森探検することに。 可愛いカッパを着た小人たちが大人と一緒に大行進。 森の中へ入る前、ひとりでどこかへ行かないようにしようね!というと 「ワニがいるかもしれないもんね!」 「怪獣がいるかもしれないもんね!!」 「おばけがいるかもしれないもんね~・・・」 と、ドキドキワクワクしながら進みました。 ふたつに分かれた道は、棒を倒して倒れたほうへ進んだり、 恐竜の足跡みたいな水のくぼみを攻撃したり、 木のトンネルをくぐったり、ミミズやカエルを見つけたり。 「雨が降ったから、葉っぱがキラキラしているね!」 「雨は葉っぱさんのごはんだね~」 と、雨の日だからこそできる発見もたくさんありました。 結局みんなのキラキラ笑顔の力でか、雨はすっかりやんで デザートの焼リンゴまでしっかり食べて、みんなのお腹は満腹の様子。 森がキラキラして、雨の日も楽しいでしょう!? またいっぱい遊ぼうね!