イベント

イベント

 

 

風が秋のにおいになってきて(どんなにおいと言われても説明しずらいのですが・・・)、 たき火の温かさがうれしい季節になってきました。 「秋の森遊びとたき火料理」は、みんなで秋を目から口からたっぷり楽しむイベントになりました。 まずはポコポコ体操で体を目覚めさせ、秋の森にお宝を探しに行きました。 条件は「特徴のあるもの」。 様々なお題で勝負する「秋森じゃんけん」の準備です。 自分の持ち手の粒々っぷりを競ったり、ざらざらっぷりやカラフルっぷり、そして大きさも勝負! 体の色々な場所を使って輪切りを運ぶ、「輪切りリレー」も幼児さんの思わぬ活躍に盛り上がりました。   すっかり仲良くなったところで、火熾しと大量の野菜切りです。 「こんなにたっぷりのカボチャを料理するの初めて~」と格闘したり、 「これならあなたにもできるわね。」と小さな仲間には、簡単な役割をお願いしたり。 どの子どもと大人が家族なのか、わからなくなっちゃうくらい、みんなで協力してどんどん調理が進みました。   お日様も出てきて、ピザ生地も上手に発酵したので、秋色ピザもとっても大きくなりました。 お互いに味見をしあったり、採れたてトマトを 「もうなくなっちゃうよ~」なんて言われながらもモリモリ食べたり楽しいひとときでした。     おなかがはちきれるくらい食べたら、レストランの机をくるっとひっくり返し「クラフト工房」に変身。 今日はひのきのペーパーを使って、素敵なタペストリーを作ってみました。 霧吹きで濡らすととってもいい香りがして、みんなうっとり。 様々な木の実を思い思いに張り付けたり、豪華なリボンをつけたり、 ゲームの時に拾った松ぼっくりをつけた作品も。   「マッチで火をつけて料理をする機会なんてなかなかないので、なんだか原点に戻った感じ」 「全部楽しかった!」 「春にまた来たい。」などなどたくさんのうれしい感想もいただきました。 イベントの片づけも終わったところでびっくりするような大雨。 きっと雷様のところにも、おいしい香りが届いてやきもちをやいたのでしょうね。 来月は遊び隊まつりキノコ狩りや 炭焼き、芋掘り もあります。 ぜひまたご家族おそろいで、遊びにいらしてくださいね。