森でモリモリ遊び隊

森でモリモリ遊び隊

小学生(保護者なし)

1年間を通して月に1回森で遊ぶ、『森でモリモリ遊び隊(長野校上田市菅平高原)』と 『フォレストキッズ(埼玉校所沢市)』。
地元の様々な学校から集まった子ども達が、学年の壁を越え、親からも離れて森で一緒に遊びます! めぐる季節を感じながら外で遊びまくりたい子ども達、あつまれ!

森でモリモリ遊び隊、第6回目は”遊び隊祭り”

10/8(月・祝)は、絶好のお祭り日和になりました。

はじめて、しらかばコース、みずならコース、ひのきコースの3コースの遊び隊員達が大集合!!

第3回、第5回と今日のために準備を重ねてきた隊員たちは、朝から待ちきれない様子でした。

遊び隊隊員たちは、総勢で96名

同じ遊び隊隊員同士でも、はじめましての友だちがいっぱいでした。

それにしても、これだけの子ども達が集まると圧巻ですね!

午前中は、目一杯準備します

商品を作ったり、接客の練習をしたり…

みんな、思い思いに「お・も・て・な・し」の準備をすすめていきます。

いよいよ、遊び隊祭りのスタートです

あんなに広かった自然体験の森も、これだけの人が集まると狭く感じてしまいます。

遊び隊隊員だけでなく、保護者の方々や、おじいちゃん、おばあちゃん、お友だち、それから、やまぼうし自然学校のスタッフも、みんな思い思いにお祭りを楽しんでいました。

全部で、13の店舗が出店されました。

カフェあり、お菓子屋さんあり、竹細工屋さんあり、お化け屋敷あり、的当て屋やビンゴ屋さん、化石屋さんやお化け屋敷など、みんながそれぞれに、創意工夫した店舗が並びました。

いつもは、大人にしてもらうことや教えてもらうことが多くても、今回は、自分たちで出店した店舗だから、人にいろいろしてあげて、いっぱい色んなことを教えてあげて…

いつもと違った、みんなのいいところがいっぱい輝いていました。

遊び隊も、お祭りが終われば、いよいよあと半分

はじめは、緊張してあまり話せなかったお友だちとも、半年も過ごせばあら不思議、いないと寂しくなるそんな存在に…

これから、半年も悔いなく、みんなで楽しみましょう!