地域子ども活動

地域子ども活動

ひのきコース最終回。これで今年度の遊び隊も全てお開きになります。
昨日からふりつづいた雪でもりの中はフワフワ、昨日のみずならコースがつくってくれた
ツルツルそりコースも残っていたので様々な遊び方ができる最後の雪遊びになりました。

前回の雪遊びに引き続き、そり遊びは大人気♬
ツルツルすべって怖いくらいでした。そんな中で隊員の子からブレーキ場所を『つくったらいいんじゃない?目印に立っててよ』と提案が。色々な所を見回らなくてはいけないと伝えるとその子は枯れ枝を持って来て目印にして滑っている子に声を掛けてくれました。おかげでケガをすることなくみんな色々なすべりかたに挑戦できました。

ブレーキ地点の目印の木の枝を持って来てくれました。
左上の目印のお陰でみんな衝突せずに止まれるようになりました。
カマクラもできました♬
雪の中からニッコリ

他にもあるから川が危ないよと伝えると危なくないように水汲みをするから雪を濡らしてカマクラを補強したいとか、片付けの時には指示をする前に道具の数を数えてくれたりとか、一年間の活動を通して自分たちの経験やアイデアで問題を解決する力がみんなに身に着いたんだと感じてとても嬉しくなりました。

 

午後の振り返り会では思い出を振り返った後にみんなに感想を言ってもらいました。
高学年の子をお手本に低学年の子もがんばって発表してくれました。
第1回には恥ずかしがってうまく話せなかった子も今回は頑張って発表できました!

はじめてなのに色んなことにチャレンジしてくれました。ありがとう。

一年頑張りました!

一番最後、緊張するね。最年長としてしっかり締めてくれました。ありがとう。


少人数でリピーターの多いひのきコースはじめての子と仲良くやっていけるか不安もありました。
実際はリピーターの子たちにはじめての子や一年生を仲間に入れて一緒にやっていこうという姿勢があったので最後までみんな笑顔で遊ぶことが出来ました。この1年間、知識や技術だけではない沢山の事をみんなは身に着けたと思います。一方で、最後までうまくできなかったこともあるでしょう。いいことも残念だったこともこれからの生活に生かしていってくれると嬉しいです。

一年間ありがとうございました!