指導者養成講座

指導者養成講座
11月2、3日に「森を楽しむ講座」が開催されました。 実は春から始まった講座も今日が最後です。 半年間、共に学び楽しんだ仲間としばらく会えないと思うと寂しいですね。 2日は炭の掻き出しをしました。 炭窯に広葉樹を入れ、火を入れてから、炭になるまで約3日間かかります。 今日はできあがった炭を掻き出す作業です。 写真だと伝わりにくいですが、炭窯の前はものすごく暑いです。 このように掻き出した炭は、砂をかけて冷まします。 冷ました炭はふるって完成です。 これも写真だと伝わりにくいのですが、灰がまいます。 「顔黒くなってるよ!!」 「もっと腰入れて!!スコップ使うといいよ」 みんなで声を掛け合いながら頑張りました。 炭を全部掻き出した炭窯で、ピザを焼きました。 2日は、講座とイベントの合同開催です!! みんなでわいわい♪美味しいピザができるように生地をこねて お好みにトッピングしました♪ これはハート型の「りんごのピザ」です。 ふんわり、表面さくさくで、とてもおいしくできました。 お腹いっぱい食べた後は「観賞炭」を作りました。 観賞炭とは、飾って目で見て楽しむ炭です。 缶箱にもみがらをひきつめて、葉っぱや松ぼっくりなど 炭にしたいものをつめます。 「葉っぱが本当に炭になるのかな」 わくわくドキドキです♪ 水蒸気が出なくなるまで、火の中に入れます。 さて、きれいに炭になっているでしょうか。 化石を発掘するように、筆でもみがらをはらうと・・・ 炭になった葉っぱが出てきました!! ご飯を作る時など、エネルギーとして使う炭。 それと、目で見て楽しむ炭。 どちらの炭も、生きていくうえで大事だなぁと思いました。