指導者養成講座

指導者養成講座
3日の森を楽しむ講座は「チェーンソー講習」を行いました。 まずは、チェーンソーの構造から学んでいきます。 チェーンソーは太い丸太も、細い枝も切れるので、便利なものです。 最近は、「チェーンソーアート」という木彫りも耳にしますよね。 しかし、チェーンソーによる事故が多いのも事実です。 チェーンソーに限らず、安全に道具を使うためには、 その道具の特徴をおさえることが重要です。 実際に森の中に入り、チェーンソーを使いました。 実際に使うと、その威力が分かります。 「とにかくやってみる!!」 何枚も輪切りを切って、刃を入れる角度、刃の回転速度など、ポイントを教わりました。 やまぼうしインタープリターの田村さんに、実際に木を倒すところも見せていただきました。 「木を一本倒す」 一気に倒れるわけではなく、自然の力に任せ、少しずつ少しずつ倒していきます。 静かな森に、「ミシミシ」と少しずつ木が倒れる音が聞こえてきます。 ミシミシミシミシ、サラサラサラサラ、ドーン。 迫力はあるんですが、どこか静かな雰囲気があるんです。 その場の空気をすっと変えるような・・・ 田村さんが 「林業って、豪快なイメージがあると思うけど、気遣いがとても重要なんだ」 とおしゃていました。 その言葉がとても印象に残りました。 やまぼうし自然学校の講座は、座学だけではなく、実習が多いのが特徴です。 木を倒すときの雰囲気は、机の上では感じる事はできませんよね。 今日で今年度の森を楽しむ講座は終了です。 勉強するもよし、とにかく楽しむもよし♪ いつでも菅平に遊びに来てください。