森あちょびクラブ

森あちょびクラブ
幼児(保護者同伴) 目線が低い幼児は、大人が気付かない宝物を探し出したり森の様々な気配を楽しむ天才!幼児の大発見に寄り添いながら、保護者は森に抱かれてちょっとひとやすみ。 パパもママも、ボクもワタシも、みんなで一緒に森探検にでかけましょう♪
今年最初の森あちょびクラブ。 初回の今日は、雲ひとつない真っ青な空。 元気なちびっ子達とお父さん、お母さんが集まりました。 荷物を置くと、 「あっちに行ってみたい!」 「早く行こうよ~!!」 と、遊びたくってうずうずの子ども達。 ちびっ子探検隊長が行きたい場所へ、 みんなでずんずん進んでいきました! 橋を渡ったり、ぶら下がってみたり、沢の中でジャブジャブしたり。 「ここから先は大人は入れないからね!」 「あっちの森には何があるかな??」 子ども達の声があちこちから聞こえてきます。 ひとりの女の子が「あっちでカエルの卵見つけたよ」と。 「えっ!?どこどこ??」 「見に行きたい!見に行こう!!」 ピンク隊長にみんなでついていくと・・・ うわぁ~~~!!! 子どもも大人もびっくり。見事な卵がたくさんありました。 近くには力尽きたカエルの姿も。 怖いけど、触ってみたい・・・じっくりそっと観察。 その後も、森の探検はまだまだ続きます。 思いっきり森で遊んだあとは、お昼にみんなで作った 笹茶&ヨモギ茶をゴクゴク飲んでホッと一息。 また遊びに来たい~! また遊ぼう~!!と、最後まで元気いっぱいの子ども達に 自然と大人もニッコリ笑顔になった、楽しい時間でした。