イベント

イベント

 

 

一面の雪景色に驚きながら、東京校で活躍中のインタープリター北村さんがやってきてくれて 組木絵づくり体験イベントを開催しました。 やまぼうしの糸鋸の他に、菅平小中学校から借りた糸鋸を準備し、 そして御代田の注文家具屋さんスタジオMさんから 様々な樹種の板をわけてもらうなど、様々なご協力をいただいて実現したイベントです。 組木絵とは、着色はせず、自然の木の色と木目を活かして作る絵のことです。 最初に、北村さんから木の色の多様さや、自然界に青色はないけれど、 隣り合う木片のマジックで、さらに多様な色がつくれることなどをお話しいただきました。 日常では糸鋸を使っている方はいらっしゃらず、 糸鋸に触るのは小学校以来という方から、小学校の時にも使ったか怪しい人も! まずは糸鋸に慣れる練習から始めました。   下絵を書いたら、その線通りに慎重に切り始めます。 上手に切り進めるコツは、とにかくゆっくり平常心! 切り口を見れば、「あ、ここで集中力が切れたね」とか 「あ、うまいと褒められて動揺したね」とか、すぐにわかってしまいます。   ものすごく集中するので、10分おきぐらいに休憩をいれながら作業が進みます。 途中で「顔がこわいよ~!楽しんでやりましょ~!」と声がかかるほど。 ピンチになったらすぐに「師匠~」と呼べば、鋭角のカーブや小さなパーツの切り方を 丁寧に教えてもらうことができました。   同じデザインでも、使う木片によってガラッと印象が変わったり、 シンプルなデザインでも、面白い模様の板を使うと素敵なグラデーションができたり。 「普通の人だったら嫌がるような、一癖ある材料がおもしろいんだよ。」 「失敗なんてないんだよ。切りすぎたらそれを活かしたデザインに変更すればいいだけ。」 師匠からのアドバイスに勇気づけられ、どんどん楽しくなっていく皆さん。 ピースがぴったりはまった瞬間や、カーブがきれいに切れた瞬間には、思わず笑顔がこぼれます。 そして、自然の木の色彩の豊かさに、目を見張る瞬間がたくさんありました。 また、切っていたら煙がでるほどの堅い木があったり、色は似ているのに柔らかい木があったり、 もっともっと木のことを知りたくなりました。   最後に木工用ボンドでピースを貼り付けて、初めてとは思えない作品が出来上がりました。 よくみたらちょっと段差があったりしても、ぬくもりと愛着のある作品たちが、 きっと皆さんの日常生活に、森の彩を運んでくるはずです。   今回のイベントは、やまぼうしインタープリター養成講座の受講生の 「糸鋸を使った、大人の木工教室をやってほしい!」という声がきっかけでした。 ぜひ、こんなことやってみたい!というご意見がありましたら、教えてくださいね。