キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

朝起きたら、真っ青な空とふわっふわの雪! 今日は、どきどきワクワクのスキーに挑戦です。 レベル別の3グループ、それぞれの様子を追いかけてみましょう! 【生まれて初めてグループ】 緑のゼッケンに首を通し、自分の背丈ほどの板を抱き抱え、心臓バックバク。 緩斜面で、“すべる”の感覚を全身に浸み込ませます。 縮こまっていた体がのびのびしてきたら、リフトに乗車! 人生初リフトは、壮大な景色に足元も震えちゃうほどでしたが、 何回も乗るたびに、いつしか後ろを振り向く余裕が出てきました。 一日の締めくくりは、何と、スピード競争! 上達のスピードを競い合った仲間の晴れやかな顔が印象的でした。 camp_0330_101camp_0330_105 camp_0330_103camp_0330_102 camp_0330_104 【山頂に行きたい! 経験者グループ】 ピンクのゼッケンに身を包んだのは6人。 スキーの感覚に磨きをかけ、ゲレンデの高みへの意欲満々。 お互いの滑りに注目しながら、スピードコントロールの精度を高めます。 両手をたたき、魔法をかけたらあら不思議、行きたい方向に曲がります。 自分の体で板を操る醍醐味を存分に味わった一日でした。 スピードに挑戦した今日のラストラン。 明日のスキーでは、さらに高いところからの景色を楽しみたい! camp_0330_201camp_0330_202 camp_0330_203 【山頂から大滑走のチャレンジャーグループ】 ブルーのゼッケンを颯爽とかぶり、リフトに連なり一気に山の上へ。 ちょっとドキドキしながらも、カメラへのポーズを決める余裕があります。 急な斜面に大きな弧を描きながら、仲間がつながる滑走は、圧巻! 途中でちょっとコケたって、起き上がるスピードもさすが! 目指すところを遠くに見据え、斜面を何度も駆け抜けた一日。 菅平の風を全身に浴びて、板との一体感を満喫しました。 camp_0330_303camp_0330_301 camp_0330_302 午後のエネルギー補給は、ベースキャンプでのカレーライス。 夜は、宿のオーナー愛情たっぷりの手料理に舌鼓み。 真っ赤に焼けた頬いっぱいに、いただきます!とごちそうさま! camp_0330_lunchcamp_0330_paru camp_0330_bugcamp_0330_wood