キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

宿の車から降りるなり、「ね~、ね~聞いて聞いて」と宿であったことを にぎやかに報告してくれたみんな。 元気に朝の挨拶をしたら、最終日の今日はお土産づくりに出発です。 種もしかけもない白い布を、素敵な草木染バンダナにするため、 説明に前のめりで聞き入ります。 大きなドイツトウヒの松ぼっくりの色素を煮出すため、まずは火熾し。 おとといコツを身に着けたので、「赤ちゃんの木が必要だね」「空気の通り道も大事だよ」と、 職人の声が飛び交い、あっという間に火がつきました。 思い思いの模様をつけたら、豆乳をしみこませ、ドイツトウヒの鍋の中へ。 IMGP1307 IMGP1308 IMGP1310 IMGP1311 そして、色をつけている間にテントをたたみます。 「なんで雨降っていないのに、こんなに濡れてるの~?」というので、 朝露の不思議も解明しました。 楽しかったテントも、あっというまにぺっちゃんこ。 IMGP1313 IMGP1316 色止めもして、丁寧に輪ゴムを取ったら、「人間乾燥機~」と走り出す仲間たち。 菅平高原の風をびゅんびゅん受けとめたバンダナは、 たくさんの思い出と一緒に帰りのカバンへ。 終わりの会でも、楽しかった思い出が止まらない、にぎやかな3コースでした。 また、菅平高原に遊びに来てね~。 IMGP1317 IMGP1318