キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

「ダイヤモンドダストだ!」「ツララだ!」 朝の集合場所で、まず最初の大発見。 足元の雪の結晶も、とってもきれいなことも発見しました。 ふかふかの新雪を泳ぐように進むと、踏み跡のない貸切の大雪原。 「かまくらつくる~」「ソリやろ~」「雪合戦じゃ~」「自分スタンプ!」と みんなの「やってみたい!」が大爆発。 雪の芸術家、ソリコースをつくる建築家、ソリレーサー、探検家、 森の木をうまく利用して玉をかわす雪合戦プレイヤーなどなど。 「ここをもっと平らにしよう」「木のうえに積もっているふわふわ雪がちょうどいいね」 「午後の雪のほうが固まりやすいね」「石垣ならぬ雪垣、いいね~」 「もっとタワーを高くしてみよう」「あっちにキツネの足跡があったよ!」 「このかまくらで今日は寝たいね」「ここに雪球をよける壁があるといいな」 「雪のお寿司だ~」 「アタックトラップをつくっちゃおうよ」 DSCF6100DSCF6104 DSCF6123DSCF6125 DSCF6154DSCF6179 DSCF6156DSCF6137 DSCF6200DSCF6127 大発見の雄たけびと、新発明のわくわく、森の住人たちの気配に息をのむ瞬間、 仲間と協力しながらできる作品への満足そうなまなざし・・・ 「片付けにするよ~」と遊びを途中できってしまうのが、 本当にもったいなかった、素敵な時間でした。 宿に戻って、暖かいお風呂に入ったら、みんな今日はすぐに寝たようです。 最終日も、遊びつくしま~す。