キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

「マイナス10度でも、大丈夫じゃん!」 昨日より重装備で集まってきたみんなに、太陽がお出迎え。 昨日の吹雪を経験したら、今日の寒さなんてへっちゃらになってしまいました。 しっかり準備運動をしたら、どのチームも早速リフトへ。 まだ誰も滑っていない箇所がたくさんのこるゲレンデに、ちょっと前のめりな色とりどりのゼッケンがちらばります。 「しみしみチーム」は、誰かが転ぶとパトロールかと思うほどのすばやさで 周りをとりかこみ・・・でもよけいな手出しをしない、素敵なチームワーク。 「はせじぃチーム」は、滑るたびにだんだんと等間隔の一列で滑れるようになっていくのが美しく、 「おっちゃんチーム」は、「無理だ~、こんなところ~」と元気よく反抗しながらも一つ、また一つと上のリフトへ。 DSCF6289DSCF6294         DSCF6306DSCF6339           午前中、みっちり滑ったのでお昼前はちょっと口数が少なくなっていたみんな。 でも、お昼を食べたら驚異の回復力で、またまたびゅんびゅん滑りました。 寒かったので、リフトの周りの木々は日中もずっと樹氷をまとっていましたが、それがまたとってもきれいでした。 IMGP3847DSCF6336           リフトからストックを落としてしまった仲間のために、新雪に埋もれながら取りに行ってくれたり、 「あんな急なところ、おりられちゃったね」と健闘をたたえあったりと、 ひとりではくじけそうな寒さを吹き飛ばして、たっぷり一日スキーを楽しみました。 DSCF6316DSCF6303           明日は、これまたみんなが楽しみにしている雪遊び。 どんなドラマが生まれるか、ワクワクです。