キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

車から降りた途端に、雪山に駆け上り、つららめがけて雪玉を投げるみんな。 3日目にして、最高のお天気となりました。 森をずんずん進んだら、誰も踏んでいない、ふかふかの新雪が待っていました。 「おぼれる~」「結晶がめちゃくちゃきれいだ~」「このクッション最高!」とにぎやかに、思い思いの遊びが始まります。 ギュッと固めれば、たたくと金属音(!)がするほど硬くなったり、「大雪だ~」と頭からかければ、一瞬にして白雪姫になる変幻自在の雪を前に、みんなのアイディアがあふれだしました。

DSCF6366

DSCF6358

IMGP3871

IMGP3873

「この後、クマが住むといいね」と言い合うカマクラの広い入口は、ススキでカモフラージュ。 「枕もあって、いったん寝ると立てないよ」というカマクラは、寝っころがるのにちょうどいい大きさ。 マツで飾り付けしてあったり、足の出る窓(!)がついたり、内側を丁寧に手作業で美しく仕上げるところも。

IMGP3865

IMGP3888

あったか具だくさん汁と宿のおにぎりをほうばったら、すぐにまた遊びが再開! 楽しいそりコース、探検コース、素敵にデコレーションされたカマクラなどなどいくつもできあがりました。

DSCF6403

IMGP3906

IMGP3912

DSCF6406

片づけの声がかかるまで、めいっぱい遊び、気づくと手袋やウエアのそではカチコチに凍っていました・・・。 でも。みんなの前で自分たちのカマクラを披露する顔は、どの顔もとても満足そうでした。 明日は最後まで菅平高原の雪を満喫します!