キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

3コース三日目は、テント泊です! 待ちに待ったテント泊! 宿からやってきた皆も疲れも見せず、朝から元気です! 今日は、まずは夜のお楽しみタイムを何をするか決めることから。 きもだめし、星空観察となり、きもだめしは実行委員会が結成されました。 そして、お昼ご飯をつくるメニュー決め。 食材を自分達で見てからメニューを決めます。 それぞれの班で決まったのは。 ハンバーグ・味噌汁・サラダ 野菜炒め・おいなりさん・ひややっこ でした!おいなりさんという発想は初めてで驚き! メニュー決めから火熾しをして、自分達で料理! どちらも、おいしくできあがり、すべての料理が完売に! 午後は、ドラム缶風呂です。 セッティングをして、こちらも火熾し。 「何度でもはいりたいー!」 「外気持ち良いー!」 いっとき雨も降ってきましたが、通り雨。 皆何事もないかのように、野外にいました。たくましい! 夕食を食べ、いよいよ夜のお楽しみ。 空き時間を利用して、実行委員会が集まり話し合い、 どういうルールでするか、どういうルートでやるか、話し合っていると。 途中、実行委員会でなかった子達も、楽しそうな実行委員会に加わっていっちゃうほど 熱を帯びた話し合いが。 暗くなるのを待って、いよいよきもだめしスタート。 ルールは、ルートの一番奥におかれた名札を取って戻ってくること。 そのルート上に「貞子」が出てきたり、オオカミの遠吠えが聞こえてきたり。 脅かす側も脅かされる側も、自分達で作り上げたきもだめしを 楽しんでいました! 自分たちで作りだすっておもしろいよね。 明日はいよいよ最終日。 最後まで楽しみつくそう!

 

料理作り

いただきます

いためもの

おいなりさん

ひおこし