イベント

イベント

 

 

毎年、下見の時は「寒かったら大変だね~」と気をもむ「森のカゴ編み」イベント。 やっぱり今年もいいお天気になりました! 色とりどりの落ち葉を踏みしめ、丸々としたクヌギのどんぐりのかわいさに歓声をあげながら、 とっておきの森を目指します。 途中、「ヘクソカズラなんて、かわいそうな名前ね~」なんておしゃべりしながら、カゴ編みに適した蔓の見分け方を習得。 ヘクソカズラやクズでも編めないことはないのですが、草なので、乾燥するとスカスカのカゴになってしまうのです。 お目当ての場所についたら、さっそく剪定ハサミを手に森へ入ります。 林業では邪魔者の蔓が、今日は見つけるたびに皆さん大喜びです。 「キノコの名人が、食べられるキノコだけが色がついて見えるキノコ目になるっていうけど、 今日の私たちは、ツル目だわね~」とにぎやかな森の中。 一度上等な蔓がわかってしまえば、どんどん見つかるから不思議です。   最初は細めの蔓を使って縦芯を固定したら、後は法則に従って、「上、下、上、下」と 呪文を唱えながら編んでいくだけ。 カゴ編みは皆さん初めてでしたが、無口になるくらい集中し、どんどん形になっていきます。 途中のお昼休憩には、やまぼうし特製味噌の具だくさん味噌汁で暖まりました。   最初は「ちょっと~、それは、私の材料よ~!」なんて言っていましたが、 形になってくると「いいよ、それも使って~」と和気藹々の雰囲気に。 太い藤の蔓と、まるで格闘技をしているかのように、ワイルドな作品を編む姿も・・・。 ポカポカ陽気がお手伝いしてくれて、楽しく編むことができました。   1つお気に入りが出来上がると、もう1つ編んだり、素敵なリースを作ったり、 松ぼっくりやカラフルな葉っぱで飾ったりしました。 アオツヅラフジの実の中のアンモナイト(!)の観察も。   「パンを入れるカゴになるはずだったのに、これじゃスイカ入れだ~」なんて大笑いしながら、 どの作品も味わいあるものに仕上がりました。 皆さんの日常に、森の恵みが仲間入りすることがとてもうれしいです。 このイベントをきっかけに、カゴ編みにはまってしまった人、実は結構いるんです。 次の作品ができあがったら、ぜひ事務所にも見せに来てくださいね。 ご参加、ありがとうございました。