キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

空を仰げば、この雲。 お昼寝をして、子どもたちがやってくるのを待っていました。 雨よ落ちてこないでおくれ~雲にしがみついてておくれ~と願いながら。 blog_110815_10 やってきた!19人の子どもたち。 去年の顔ぶれもちらほら。 どの顔もわくわくしてる。こっちもわくわくしてくる。 blog_110815_11 まずは、木の輪切りに名前を書いた。 ただの名前じゃない、キャンプネームだ。 11日間、お互いに呼び合う大切な名前。 だから、初日=ウォーミングアップなどと気は抜かない。 本気で考え、じっくり書いた。 見てください、渾身の名前とデザイン! blog_110815_09blog_110815_08 blog_110815_07blog_110815_06 blog_110815_05blog_110815_04 このあと、部屋ごとに「キャンプフラッグ」もつくったのだけど、そう集中力は続かない。 だって、まわりは森だもの! フラッグの布なんかより、うんと魅力的な匂いに満ちている。 鼻をくんくんさせて吸い寄せられる子どもたち。 ブランコから一番遠くに飛び降りる競争。 両手いっぱいのキノコ、毒もそうじゃないのも、どちらかわからないのも。 ちっちゃなちっちゃな、カエル。子ども目線に見つかったな!というちっちゃさ。 blog_110815_03blog_110815_02blog_110815_01 あー、子どもにはこういう時間が必要なんだな、と思う瞬間の連続。 結局雨に降られてフラッグは未完成。 冷たい冷たい雨のベールをかぶり、子どもたちはバスへ。 明日もまた、森で待ってるよ! zuke