キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

スタッフが合流すると、恒例になった「数数えゲーム」で盛り上がっていたみんな。 「もう一泊長くしてほしかったな~」なんて言いながら、最終日のお土産づくり。 思い思いのクレヨンを削り、カラフルキャンドルのもとをつくります。 「スイカみた~い」「なんだかおいしそ~」「バーバパパみたいになった~」とにぎやか。 仲間のロウの場所にも出張し、缶にはいらなくなるまで大きくしました。 キャンプ中何度も使って上手になったノコギリで、「長野県の木」のシラカバをギコギコ。 ちょっと曲がったのもご愛嬌な、キャンドルホルダーが出来上がりました。 DSCF9139 DSCF9141 キャンドルが固まるのを待つ間には、テントたたみ。 「オーライ、オーライ」と声をかけながら、ポールも大きなフライも協力してたたむと早い早い。 DSCF9147 固まったキャンドルを、すわりをよくするために底を切ってみると、ハートが出現したり、 外からはまったく見えなかった色が出てきたキャンドルも。 「これ、作り方覚えたから家でもできるね」とにっこり。 終わりの会で、楽しかった日を聞いてみると、みんなそれぞれ。 たくさんのことに挑戦し、ちょっぴり自信のついた顔がまぶしかったです。 最後はみんなで大きな声で、お互いに「ありがとう」を言っておしまいにしました。 楽しい3泊4日をありがとう。またぜひ菅平高原に遊びにきてね~。 DSCF9149 DSCF9150