キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

3日目の朝。お天気はだんだん良くなる予報でしたが、お日様は厚い雲の中。 ゲレンデはスノーマシンがフル稼働です。 最終日、いっぱい滑るぞー!の気持ちいっぱいで、グループごとに出発。 リフトでゲレンデ頂上に立つと、浅間山だけが雲の切れ間から見えて、水蒸気の雲も確認できました。 経験者チームは、さらに高い奥ダボスゲレンデで快調に滑りました。 初めてチームは、リフトを降りて一番下まで、一度も休まずそして転ぶことなくロングスキーを達成! 全員がターンできるようになり、前の人との間隔を保ってスピードコントロールできるまでに。 それぞれに考えてきた目標が達成できたようでした。 dsc00785_r ゲレンデに向かって、「また来るよー!」   初めてチーム 経験者チーム   ペンションに戻って、最後のランチタイム。とーっても美味しいチャーハンでほとんど全員がお替りして、「お替りは2回目までだよ」と言いながらも、奥さんがもう一度作り足ししないといけないほどでした。 終わりの会はみんなの目標が達成できたかと、仲間からの嬉しかった一言を発表してもらい、相手にも立ってもらって「ありがとう」を伝える、という形で全員がしっかりとした声でみんなに向かって発表してくれました。 2年生から5年生の合計18名が一体となった3日間だったと思います。 ペンションのオーナーさんも、スキーインストラクター、やまぼうしスタッフもとっても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。みんな、ありがとう。