キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

8月4日から2コースが始まりました。 36名の仲間とこれからの4日間を過ごします。 初めて会うお友だち、再会した同士、わくわくドキドキ 期待と不安を抱きながら、どんなキャンプになるか!? それもみんな次第、がみちゃんもわくわくドキドキの始まりです! 大きな荷物を持って、バスから降りてきました。 はじめの会では、「みんなのルール」を決め、いよいよ活動スタート。 これを守れば、きっと素敵なキャンプになるはず。 続いてテント村作りです。 声をかけあって、しっかりとたてることができました。    

2日目はお昼作りとドラム缶風呂。 最初にグループを決めました。続いて火のつけ方を隊長から教えてもらいました。 お昼は、材料を見てメニューから考えます。 みんなしっかり作戦を練っています。 どんなお料理ができるか、楽しみ楽しみ。  

メニューの完成。 早速、お料理開始!   どのチームの素晴らしい料理ができました。 対決の結果は甲乙つけがたく、「スープ賞」「彩り賞」「アイデア賞」になりました。 どのチームも本当に美味しく、工夫して作っていました。

次はお楽しみの「ドラム缶風呂」! バケツならぬボールリレーで水を運び、火を着けて、やっと入ることができました。 気持ち良さは格別だったようです。   お風呂の後は、宿特製のカレーで夕ご飯! みんなモリモリよく食べました。   夜は肝試しをしました。 実行委員のみんなで考えた、葉っぱを持って帰る面白い肝試しでした。 葉っぱの種類で罰ゲームがあります。 時間が遅くなってしまったので罰ゲームは翌日に回しました。 テントでぐっすり眠りました。

朝のテント! 日の出ハイキング ダボスの丘へ登りました。 曇り空でしてが、秋の気配感じる素敵なハイキングでした。 「朝つゆだよ!」葉っぱに着いた、まん丸の朝露をしばらくみんなで観察しました。

3日目のメインイベント「森遊び」! 最後の最後にすごい夕立に遭ってしまいました。 「あっという間に雨が来たよ!」これも貴重な体験になりました。   肝試しの罰ゲームは「動物のものまね」 お昼の休みに決行されました。

4日目、キャンプのいよいよ最終日。 お土産作りとお別れの会です。 青竹を使ったコップと箸づくりをしました。

  ※竹はカビますので、使用後はしっかり乾燥させて下さいね! 終わりの会では「楽しかったことひとつ」みんなで発表しました。 4日間お世話になったアシスタントの皆さんへのお礼のごあいあさつ。 最後のお昼。 名残惜しい時間、どんな話をしているんでしょう。。。 来年も待ってます!