キッズキャンプ

キッズキャンプ

夏・冬のキッズキャンプ! ~心を育む、森の時間~

森には、子どもが本来持っている感性をより豊かに育むふしぎが、たくさん詰まっています。 夏はゆったり日の出を眺めたり、自分達でテントを立てるワクワク感を味わったり、満点の星空を見上げたり‥そんな贅沢な体験ができるのは、朝から晩までまる1日森で過ごせるテント泊ならでは。冬は一面真っ白な世界でスキーに挑戦したり、ふわふわの雪で遊んだり…。雪まみれになりながら冬を楽しみます。 一人参加でも、初めてキャンプをする子でも、みんなで過ごすうちにいつの間にかステキな仲間に。自由度の高い内容で、自主性や協調性も育みます。

朝6時。 ぐっすり寝かせてくれた寝袋をたたみ、外に飛び出し朝ごはん! バナナ争奪じゃんけんと、暖かい牛乳のお代わりで、エネルギー補給完了。 ペースはバラバラだけど、先に着いたメンバーの応援で全員元気にゴールイン。 そう、朝が涼しいこの日は、テントから森まで歩いて移動したのでした。 blog_camp1039_07 楽しみで仕方なかった森遊び。 森の範囲と道具、注意事項をしっかり頭に入れて散らばった先は 木の根元や木の上。その動きの早いこと! blog_camp1039_09blog_camp1039_08 菅平のパワースポットをしっかり覚えた子どもたちからは、 お昼の場所のリクエスト。 風が気持ちよい「ダボスの丘」、そう、初日に遊んだあの場所です。 blog_camp1039_02 梅が苦手なメンバーには、ワカメのおむすびを勧めるやさしい仲間。 丘の涼風が強い陽射しに変わったころ、また森へ戻り遊び再開。 ますますエンジン全開! blog_camp1039_01 「石油を掘り当てる。」 「いや、ぼくは温泉がいい。」 だけど、本当はキャンプリーダーを仕留めたい落とし穴。 そんな秘密をしらない仲間には、こそっと教える悪ガキたち。 blog_camp1039_04blog_camp1039_05 手作りブランコの気持ちよさを他の子にもおすそ分け。 「ジャングルジム」は、大人の手も借りてつぎつぎに組み立てる。 みんなの力は計り知れないよ。 blog_camp1039_10blog_camp1039_03 明日はいよいよ最後の日。 最高のしめくくりをしよう!